読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書きながら考える

考えるきっかけとして、ブログを書きます。考えたことをブログにかきます。

スポンサーリンク

将来どうなりたいかわからなかった件

f:id:jun9632:20150813225350j:plain

「自分は、将来何になりたいんだ?」と考える機会があったんですが、 正直、パッと答えは出て来ませんでした。

それから、必死で考えているんですが、まだまだ検討中です、、、

もしかしたら、こんな状態になってのは、私だけではないのかもしれないと思ってはいるんですが、皆さんはいかがでしょうか?

現在検討中ですが、将来について考えた工程を参考になればと思って書きます。

できることとやりたいことは、きっと別の話

例えば、高度な知識や技術が必要なことができる人であっても、それがやりたいかこととイコールになるかと言うとそうでもないと思います。

いくら、センスが飛び抜けていたとしても例外ではなく、こちらもイコールにはならないと考えました。

やりたいことは、純粋にやりたいと思ったことなのではないかと思います。

自分のやりたいことは、人に決めてもらうものではない

当たり前なことを言っているようですが、やっぱり、自分のやりたいことは、自分で決めるべきだと思います。

これをやると、親が喜ぶからというパターンも、何か人に決められているような気がします。

もし、お金の心配が無かったら何をやるかを考えてみる

将来何をやりたいかを考えた時に、どうしても、生活がチラついてしまいます。 「これじゃお金を稼げないし」とお金のバイアスがかかってしまうんですよね。

そうすると、前述したとおり、出来ることとやりたいことを混同して考えてしまう傾向があります。

「もし、十分にお金があったら何がやりたいか」という仮定で考えると、お金のバイアスを一旦外して考えることができます。

本当にそれを一番やりたいか、出てきた答えを見直してみる

私が、考えている時に、その一つの案で、旅行へ行きたいというのが、出て来ました。

私の場合、旅行へ行きたいという割に、普段旅行へはほとんど行きません。

本当に、旅行へ行きたいんだろうかという気分になりました。

もし、本当に旅行に行きたいんだったら、

旅行へ行けるぐらいのお金や時間は捻出できると思うので、

普段から、もう少し行っているんじゃないかとなんで行かないかと思いました。

一旦、出てきた案を揉んでみると、ブラッシュアップされると思います。

消去法

やりたくないことを書き出してみると、何か見えてくるかもしれません。

実際まだ結論は出ていない

そんなこんな検討しているうちに、 私の中で現在のところ一番有力なのは、「個人投資家」です。

なんとなく、それが良いような気がしている段階で、明確な目的としてまでは設定出来ていませんが、将来の目的に設定すべく、現在準備中です。

皆さんも、将来どうなりたいか考えてみてはいかかでしょうか? 簡単には答えは出ないと思います。 けど、考える価値はあると思います。

スポンサーリンク